鮟鱇鍋を食す会


2004年2月27日
新橋 大黒屋にて

Report by K. Suenaga
Photos by A. Miura

 あんこう(鮟鱇)という 魚・・・・見た目はかなりグロテスク!!  
 しかし・・・その身は 捨てる箇所がなく・・・しかも 鍋にしたら 最高☆とか・・・・。
  
 セピアメンバーの三浦くんが 知り合いのお店で その鮟鱇鍋を食し、あまりの美味しさに舌鼓を打ち、さっそく 報告してくれたのが もう一年も前のことでした。  いつかきっと 皆で 一度食べに行こう!!という話しになり どんどん話しが盛り上がり 2003年の 忘年会にて 希望有志を集いました☆
 
 その時 挙手したのが10名・・・なんでも その店では 北海道の余市から トレトレの 鮟鱇一匹を注文して取り寄せ、鮟肝をすりつぶしたお汁で 最高の鍋を調理してくれるそうです!!ですから 10名から12名でしか 予約は受け付けないとのこと。
  ピッタリの参加希望者数でした♪
 
日時は 2004年 2月27日(金)6時半 からと 決定しました。  
 
その後参加希望が2名増えて 12名となり 間際に 残念ながら別会合と重なってどうしても 参加できない三輪くんが 欠席となり 11名が 新橋駅前に集合!!

 ☆  ☆  ☆  ☆
 
 実は幹事をしてくれた 三浦くんは店の大将や女将さんと 打ち合わせをすべく ≪下見会≫と称して、以下のメンバーとともに 1月末に わざわざ出かけてくれたのです。
 その時に 報告として 送られてきたのが この写真です!!
 下見・打ち合わせ?? それにしては 手にしてるのは 酒杯では?
 カウンターのお皿は なに? お顔色も こころなしか 上気して・・・・・・
    
       お店の大将談: うちは 鮟鱇は絶品☆北海道の余市産のものしか 仕入れないよ〜
          鮟肝は 別に もう一匹の鮟鱇から取るので 別料金だね。
          でも 味は 最高!! 絶対満足してもらえるね・・・

 三浦幹事さんは 予算が 心配になったそうです・・・・でも 皆 美味しいものは多少の お金は 当然だ☆と 大喜び&大期待♪ いよいよ 27日 GO のサインとなったのです。
 ☆  ☆  ☆  ☆         
 
 ところが ところが・・・なんと なんと 本番前日に 北海道は 大シケ!! 余市産の鮟鱇が入手できない!という ハプニング!!
 大将が 店の名誉にかけて 茨城産の最高の鮟鱇を 一匹ようやく 入手してくれたのです!一匹が 6.6キロもある 大物☆♪だそうです。
 
 災い転じて 福となす・・・ということわざ通り・・・お陰で 私達は 最高級の大ぶりの鮟鱇 丸々一匹を 余すところなく 味わうことが 出来たのです!
 
 四の五の言うより・・・ いえいえ 百聞は一見にしかず・・・ これからは 三浦幹事さん撮影の写真の数々で その 幸せぶり を ご覧いただきましょう☆
 
 まず、遅れるメンバーを 鍋に火もつけずに 静かに?待っている私達・・・です。
 
 
もう 全員揃ってないけど、始めてしまおう!!と 鍋の火が つきました!!
そうして 初めは お刺身にて 乾杯☆☆  やがて 全員が 揃いました〜〜
 
     すりつぶした鮟肝とみそ仕立ての汁で煮込み・・・

  まずは コラーゲンタップリの アラが お皿に 三つも!!       あまりの美味しさに 笑いがこみ上げます!!

    やがて 皮や内臓のタップリ盛られたお皿です!      鍋の中には お野菜と鮟鱇とが・・・・うまい☆ うまい♪

最後に出ました! 身の部分です♪
これまた 実にプリプリ〜〜★

美味さも酔いも だい満足☆ お店のアルバイトさんも
                     一緒に入って ハイ パチリ♪

  やがて 舌鼓・・・舌鼓・・の 美味なるひと時は “おいしいねぇ〜” “おいしいよっ!”の感嘆の声とともに お開きの時間と なったのでした。  しあわせ でした〜〜♪
   
                                      
 鮟肝のみそのお汁で調理する 鮟鱇と野菜の絶妙な味のハーモニーは 管弦楽団の演奏のように  私達の身体中に 妙なるメロディーを奏で・・・・感動の拍手喝采をしたい気分でした。
 この 皆の大満足気な表情が すべてを物語っていると 思いませんか?
 
 そしてこの後は 美味しさの余韻を楽しみつつ 新橋界隈のカラオケへと 消えて行きました・・・・。
                                                
                                                           〈完〉
 
 ≪オマケ≫   参考資料   (鮟鱇についてのインターネットから)
 
 鮟鱇は実に無駄の無い魚である。身はもちろん、皮も内臓も、さらにはエラまで食すことができる魚だ。
 新鮮な鮟鱇はぬめりが強く、まな板の上ではさばく事が困難だ。
 そこで鮟鱇を吊るす。そして、出刃一本でさばいてゆく。

 これぞ、板前の腕の見せ所だ!。一流の板前ともなれば、ものの10分程でグロテスクな体は
 身、皮、骨、内臓と分かれてしまう。
 そして、お客様の口の中へと運ばれる美味しい料理へと変身するのだ。

 ●鮟鱇鍋
  鮟鱇の肝をとかしこんだ味噌仕立てのだし汁の中で、新鮮な鮟鱇を煮込み、冬の野菜とともにいただくお鍋です。