第3回 鮟鱇鍋を囲む会


2006年2月18日
新橋 大黒屋にて


Photos by A.Miura


 一昨年に始まった“鮟鱇鍋を囲む会”を今年も2月18日に開催いたしました。
 参加したのは有志10名。

 料理は いつものように 鍋一式!! お酒のあては イカの塩辛。
 
 肝は 鍋の中にすりつぶしの状態で入れてありますから 超一級のお味です。
 テーブルには 三台のコンロが置かれ 三箇所に。 私達も 名簿順にグループになって座りました。

   
 
 稲田くんに 何から入れればいいのか 教えてもらいながら 材料を鍋に入れていきました。
 
 大きくわけて アンコウのお皿は まずは 皮と骨の大皿が三つ、大盛りの野菜皿三つとともに出てきました。
 
 鍋に まず その鮟鱇のコラーゲンたっぷりの皮と骨を、アンキモで 薄いオレンジ色になってる鍋の中に全部入れます。 
 次に その最初の美味しい中味を取り出して 食べ・・・それから お野菜を入れました。
 
 一度 空になった鮟鱇の皿は 片付けられ 次に プリプリの身の部分の鮟鱇が たっぷりと乗った 大皿が三つ。 
 さらに 目玉のついた顔の部分や カマの部分などの 飲み屋で寒ブリや ハマチなどを焼いてもらうときの垂涎ものの部位がまたまた 大皿にいっぱい!! 目玉を食べた人は 誰でしたっけ??? 

 最後にアンコウの「皮」が出てきました。この「皮」にコラーゲンが一番たっぷり含まれるので、特に女性j陣は一番摂取したいところだったのでしょうが、もうこの時点で お腹はいっぱい。 最後は雑炊で仕上げるコースなのですが、それもキャンセルして、大国屋のご主人には申し訳ないことをしました。
 食の大家、稲田君によると「過去3年間で一番の品物だった」とのことです。

                      
                      当日飲んだ本格焼酎のラベルです。

   
          参加したメンバーの面々。右端は大国屋の看板娘あやちゃん。


    幹事をつとめてくださった三浦君、ありがとうございます。