文集 「田園」 第一号







[手紙]

    二の一 吉田彰宏

おにいさんお元気ですか。ぼくも元気で毎日学校へいって
います。うちの人もみんな元気です。うちのまえのもみじも
もうすぐすると赤くなるでしょう。それをたのしみにし
ています。おにいさんのいらっしゃる山のけしきはまだか
わりませんか。木の葉はが赤くなるころは、さぞうつくしいも
のでしょう。ぼくも、いってみたいと思います。秋になるとか
ならずおくってくださる「かき」を、思いだします。ことし
は「くま」が多いといわれていますが、まだおにいさんの山
には出ませんか。どんなくまだかみたいと思います。
東京にはいまアメリカのやきゅうチームがきて、しあいを
していますがとてもつよくて日本のチームはかなわないそう
です。
おにいさんからだに気をつけて。   さようなら
十月二十日             彰宏.
おにいさんへ

[詩]

 
私のおとうと  二の二 吉野富美子

私のおとうと、おでぶちゃん
りんごのような赤いほっぺ。
いつもじてんしゃリンリンリン
毎日げんきであそんでる。

わたしのおとうとおしゃまさん、
おとしは、いくつときいたなら、
「二たす二」とこたえます。
いつもおうちのにんきもの。

[対話]

お正月   二の三 杉山 恂子

恂子「れい子ちゃん、トランプやめて、は
ねつきしない。」
怜子「ええ、やるわ。」

恂子「れい子ちゃん、わるいげど、はねを
  もってきてね。」
怜子「ええ、もっていくわ。」
恂子「じゃ、私先にお庭にいつているわ」
怜子「おねえちゃん、もってきたわよ。」
恂子「ありがとう。」
怜子「じゃ、やりましよう。」
恂子「いい、いくわよ。」
怜子「いいわ。」
恂子「ほら。」
恂子「まあ、れい子ちゃんたらへたね。」
怜子「こんどこそうまくやるわ。」
恂子「じゃ、かぞえるわ。」
怜子「よくって。」
恂子「一つ、二つ、三つ」
怜子「うまくつづくわね、ふふふ。」


[生活文]

 にわ  二の三  林  啓 一

ぼくのおうちのにわの高いいちょうの木におとうさんが、
ことりの「す」をつくってくださいました。つよい風が
ふくと木がゆらゆらゆれて、ぼくは「す」がとばされな
いかとしんぱいです。けれども、まだ、ことりは来ませ
ん。ぼくは、ことりが来てくれたらうれしいな、と、お
もいます。小さな池もあります。くろいこい二ひきと、
ひごい一ぴきかってきて入れました。一ぴきは元気が
よすぎてとび出してしんでしまいました。おとうさん
が、さみしいからと、大きなりっぱなきんぎょを二ひき
かってくださいました。それで池はにぎやかになりま
した。石井くんに目高を八ぴきいただきました。すい
すいおよいで元気でしたが、いまはみんなしんでしま
いました。ちいさいきんぎょもしんでしまいました。
たった一ぴき大きいのがのこりました。ねこがきんぎょ
をじっとにらんでいることもあります。空の雲が池に
うかぶように見えます。このあいだのあさ、かえるが
ういていましたから、ぼくはあみでたすけてやりました。
ビョンビョンとんで草の中にいきました。ぼくはほんと
によいことをしたと思いました。