古希記念!北海道旅行記

by 三輪正眼君
 
 元6年2組有志11人で古希記念に平成27年6月21~23日北海道旅行をしました。北海道ガーデン街道を中心に3日間で8個のガーデンと1つの農場を巡る欲張りツアーでした。

【小松さんのコメント】
 古希記念旅行先を 北海道に決めたのは・・・”食”(豊富な海の幸・山の幸)と”自然”でしたね。そして 丁度昨年 「北海道ガーデンショウ2015大雪」が開催されていてラッキーでした。
 北海道の代表的なガーデン8つを全て巡る お手頃価格のツアー☆「北海道ガーデン街道と全8か所制覇と標高1,000メートルのパノラマ空中散歩3日間」を
ネットで見つけました。
 

 このレポートでは行程の概略を紹介し、各ガーデンについて詳しくは今後『今週の写真』欄で毎週一つずつ追加掲載し、最終的には本文中のガーデン名をクリックするとそのページにジャンプするようにしたいと思います。順調にいけば、9週間後には全ガーデンのリンクが完成するはずです。各ガーデンの紹介はできれば参加の皆さんのご協力を頂いて編集したいので、よろしくお願いします。


 一日目
 
羽田発8:30 JAL505にて千歳空港へ: 撮影2015年6月21日
 
 
羽田発8:30 JAL505にて千歳空港へ: 撮影2015年6月21日
定刻に出発し順調な飛行でした。
 
千歳空港のラベンダー:
 空港ロビー出口路上のフラワーボックスにラベンダーが植えられてましたが、ぼちぼち咲いていました。ラベンダーにはまだ早いかなと思ったのですが、期待が持てそうです。
 
われわれのグループが乗る観光バス 36・17号:
 
 
ツアー中お世話になった添乗員さんです:
 網棚のところに今回のルート概略が描かれていました。一日目は層雲峡に泊まり、二日目はトマム泊で帯広まで足を伸ばし千歳空港に戻るルートです。
 
こちらも3日間お世話になったバスガイドさん:
ほのぼのとした話術で、退屈させませんでした。
 
 抜けるような快晴のなか、道央自動車道を順調に進み、砂川ハイウエイ・オアシスのレストランで昼食です。
 
森くまこさんと記念撮影:
 レストランには”森くまこさん”という、森公美子のそっくりさんがいました。ここではジンギスカンでおなか一杯。
 
赤いキツネと緑のタヌキ!:
 バスガイドさんのクイズ「ここの動物注意の標識はキツネが赤、さてタヌキは何色?」の答えを写真で捉えました。
 
旭川手前から望む大雪山系、一番右が旭岳:
 
 
石狩川を渡ります:
 
最初のガーデン、旭川市内の”上野ファーム”に寄りました。
 
上野ファームでのスナップ: 
 
出口での記念:
 
   このガーデンについては詳しくは下記をクリックしてください。

 
層雲峡・ホテル大雪:
 この日のバスの走行距離は約265kmだそうです。
 ホテルは層雲峡にあり、背後に渓谷が迫っており、最上階の露天朝風呂では黒岳が一望でき とても爽快でした。 
 
ホテル大雪のロビーにて(全員):
 
 
お待ちかねの夕食はバイキングスタイルで。
 
まず地産ワイン「トカップ」を注文:
 
地産ワインで乾杯!!:
 
 
 このあと女子部屋で酒・肴持ち込み、宴会が行われたとのことですが、三輪は今朝寝不足で出発してきたので、明日からの強行軍に備えて、早々と寝ました。

 二日目
 
翌朝食前に、層雲峡ロープウエイに乗って景色を見てきた元気な人もいました。
その報告は下記をクリックしてください。

番外編:黒岳へ
 
 バスは定刻に出発し、国道を少し旭川方向に戻り、大雪東山麓に入り”大雪森のガーデン”へ:
 
子供を連れの牛が途中の牧場に:
こんなところを抜けて、広々とした草原に着きました。 
 
大雪山を背に全員記念写真:
ツアー主催者に倣って大雪山系を背に記念写真を撮りました。
 
ドレスガーデン・カンテに立つメンバー:
ここは「北海道ガーデンショウ2015大雪」のメイン会場となっており、これは「ドレスガーデン・カンテ」という作品です。それに皆が群がっての撮影です。 
このガーデンについては詳しくは下記をクリックしてページに飛んでください。
 
10時くらいに出発して次は富良野に向かいます。
旭川空港脇のルピナス畑:
 
 背景にレルヒ中佐(明治時代に日本にスキーを伝えた)の銅像が小さく見えるのでここは旭川空港と思われますが、道沿いの土手はきれいな花畑になっていました。
 
美瑛から富良野に向けての道:
両側になだらかな丘が続きます。
 
富良野の中心部の”富田ファーム”に寄りました。
詳しくは下記をクリックしてください。
 
バスは更に南下します。
ワイナリー:
山のほうに「シャトーふらの」の工場が見えました。 
更に進み、次は新富良野プリンスホテル敷地内にある”風のガーデン”を訪れました。
 
風のガーデンにて:
詳しい内容はこちら 
 
この日最後のガーデン”十勝千年の森”: 
詳しくは以下をご覧ください。

 
 十勝より少し西に戻って、今日の宿泊場所トマム・リゾートに夕方5時過ぎに到着しました。この日の走行距離は約270km。


トマムリゾート玄関にて:
 
宿泊したザ・タワー:
 
海鮮居酒屋へ:
 夕食のレストランはいろいろありましたが、海鮮居酒屋を選んで混まないうちに行きました。
 
楽しい夕食:
十勝千年の森の十勝蕎麦(閉店してた)を当てにして、弁当抜きにした人には待ち遠しい夕食でした。
 
 
 
 
   お風呂は敷地内ですが、遠いところにあってバスで行きました。
   明朝は雲海見学で朝が早いので早めに寝ました。


 三日目

 宣伝によれば、”うん”が良ければ次のような雲海が見れるとのことでした。
    雲海(案内Webの写真):
 
    翌朝、4朝時半に起きました。
    外はまだ暗いです・・・
 
    バスを待つ人の行列:
    こんな時間でも玄関はバスを待つ人の行列でした。
 
    ケーブルカーの駅:
 
      小さなゴンドラに分乗:
 
    雲海テラス(1088m)まで登るゴンドラ:
    約500mの標高差を登ります。
 
    震えるテラス:  
    テラスは雲の中でしたが、順番を待って防寒服を借りました。
 
      デッキ順番待ちの行列:
 
    ドリンクでほっと一息:
 
青い雲海ポスト:
 ここの店で買ったハガキはここに投函すると世界中どこにでも配達されるそうです。
 
 寒い中を我慢して6時まで粘りましたが、雲海らしきものには会えず、またゴンドラで下りました。
少々お疲れ気味の皆さん:
 
   ホテルに戻って朝飯を取り、朝8時にバスで出ました。

    朝一番、雨の”真鍋庭園”:
    真鍋庭園を巡った後、雨は更に激しくなりました。
 
    真鍋庭園の詳細は以下をご覧ください。
 
6.真鍋庭園
 
    次に訪ねた”十勝ヒルズ”:
      こちらもあいにくの雨模様でしたが、小降りになりました。

     十勝ヒルズの詳細は以下をクリックしてください。

7.十勝ヒルズ
 
 
   次は”紫竹ガーデン”へ。
   ここで、昼食となりました。
    紫竹昭葉さんを囲んでの一枚:
 
   紫竹ガーデンの詳細は以下をご覧ください。

    
  8.紫竹ガーデン
 
   いよいよ最後の訪問地”ガーデン六花の森”です。
    自然の川に沿って歩く:
 
ガーデン六花の森の詳細は以下をご覧ください。

9.六花の森 
 
    六花亭製菓工場と販売所:
    お土産にお菓子などを買って帰路のバスに乗りました。
    千歳空港には余裕を持って着きました。この日の走行距離は315km。
 

    帰京便 JAL526:
 空港でゆっくり夕食を食べて、追加でお土産を仕入れるなどして搭乗を待ちましたが、羽田空港の天候が不安定とのことで、飛行機の出発は少し遅れました。
 
 行く前はバスの毎日の走行距離や、訪問するガーデン数から、相当な欲張りツアーで強行軍かと思ったのですが、思ったより楽なツアーだった印象で、古希の良い記念になりました。
 ラベンダーには少し早い時期でしたが、各ガーデンで見た花は各ページに掲載しますので、そちらでご覧ください。

【小松さんのコメント】 
 現地で入園料を総計していた真智子ちゃんは 「全て込々で とってもお得なツアーね♪」とニッコリ。 
 日程表を見て不安だったことは・・・広大な北海道では無理も有りませんが バス移動の走行距離の半端無い長さ!しかし 田小のクラスメートとのおしゃべりと 車窓の景色で 飽きることなく~ 心配は杞憂に終わりました。

 綺麗な花や景色を見ることは 脳に刺激を与え~ リラックス効果 はたまた認知症予防になると言われています。
古希記念の旅行に まさしく うってつけだったのかも???


以上